ウスビキライト
About

受け継いできた技術

人間の感覚が正確な形を造る

400年、この地で木と向き合い木と会話するかの様な
繊細で正確な轆轤(ろくろ)の技が受け継がれている山中漆器。

その漆器造りで生かされてきた轆轤の技術を
器ではなく、インテリア照明に応用し制作された「山中ウスビキライト」シリーズ。

薄く轢かれた木製ライトからは
木の肌を通した柔らかい光が気持ちを安らいでくれます。

平成27年には石川ブランド製品に認定されました。

「山中ウスビキライト」

これまでの実績

平成29年
The Wonder 500™に選ばれました。
The Wonder 500™とは?
he Wonder 500™は、クールジャパン政策のもと“世界にまだ知られていない、日本が誇るべきすぐれた地方産品”を発掘し海外に広く伝えていくプロジェクトです。
選定にあたっては、「ものづくり」「食」「観光」の分野において、「作り手の思いやこだわりが込められているもの」「日本固有のものづくり、サービスを支えている伝統的な価値観を組み合わせた革新性のあるもの」を評価しています。
500商材の全てに、日本人が古来より育んできた価値観が表現されています。商材を通して世界中の多くの方々に、心地よい感動と驚き(“Wonder”)をお届けすることができ、1人でも多くの方に「日本へ旅したい」、「日本のものを買いたい」、「日本のものを食べてみたい」と思って頂くことができたら幸いです。
山中ウスビキライト
平成27年
山中ウスビキライト(LED照明)で石川ブランド製品認定
山中ウスビキライト